Beauty will not be built in a day.

元美容外科カウンセラーの語る美容話を綴っていきます。日本化粧品検定1級取得。コスメコンシェルジュ。

パック、正しく使えていますか??

こんにちは、SHIORIです。

 

今日は、シートパックについてお話しようかな〜と思っています。

 

みなさん、シートパック、シートマスクとも呼ばれるものに、どんなイメージをお持ちでしょうか?

 

「美容液たっぷりでパック1つで全部オッケー」

 

「毎日パックした方がいいんでしょ?」

 

「安くても毎日パックが正解よね?」

 

「週に2〜3回じゃ足りないんじゃない?」

 

「長くつけてた方が浸透するよね?」

 

などなど。

こんな風に思っている方、多いのではないでしょうか??

 

 

 

正解は、全て✖︎です。

 

 

 

一つ一つ解説していきましょうっ!

 

 

 

「美容液たっぷりでパック1つで全部オッケー」

まず、基礎化粧の役割について考えてみましょう。

 

化粧水→水分導入剤、保湿(水分補給)

美容液→美容成分導入剤(ブースター)

乳液→油分導入剤、保湿(油分の補給)

クリーム→保湿(蓋がわり)

 

このように、それぞれの基礎化粧品には役割があることをご存知でしょうか?

(あくまで一般例で、製品によっては役割が変わるものがありますが…)

 

普段の基礎化粧を美容液だけで終わらす方は少ないんじゃないでしょうか?

パックだけでおわらせる、ということは、水分補給と美容液だけで終わらせてる、とお考えください。

 

「毎日パックした方がいいんでしょ?」

→これもまた間違いですね〜。

パックをすると、お肌のバリア機能が下がります。

パックに限らず、過度のスキンケアをすると、角質がふやけていくので、外部からの刺激を守ってくれるバリア機能が落ちていきます。

パックをしたあとに、水分たっぷりでプルプルして見えるような気がするのも、これが理由です。

 

なので、使用頻度は必ず守らなければなりません。

お肌がメタボになってしまいます!

 

 

 

「安くても毎日パックが正解よね?」

→いいえ、そんなことはありません。

高い商品って、お肌にいい成分いっぱい入ってるから高いんですよね。

じゃあ安いのはなぜ?

良質な成分が少ないから安くできるんですよね。

ここ最近、よく出ている大容量型のパックが外気に触れれば触れるほど、雑菌が増えていくんです。

だから、「防腐剤」を大量に入れておかないと品質を保つことができないんです。

名前からして、肌に良くないものなのは、想像つきますよね??

 

安ければいいというわけではなく、品質の良いものを使用頻度を守って使うのが正解です。

 

 

「週に2〜3回じゃ足りないんじゃない?」

→こちらも上で記載した通り、過剰摂取はお肌のバリアを弱くしてしまいます。

食べ物で考えてもらってもわかるのですが、体に良い、と言われているものを毎日多量摂取していたら、太りますよね。

カロリーが低かろうと、栄養値が高かろうと、沢山摂ったら体に悪いんです。

化粧品も同様です。

 

「長くつけてた方が浸透するよね?」

→こちらは、大間違い。

昔私もやりがちでしたが、一定時間が経過したら、水分はどんどん蒸発していきます。

パックの水分だけでなく、肌の水分も蒸発していってしまうので、せっかく保湿したものも全て抜けていってしまって乾燥に繋がります。

水分は少ないものに移る性質があるので、パック自体の水分が少なければ、お肌の水分持ってかれてしまう、というのも理にかなっているんです。

 

パックは、優秀なもの。

パックを使っていればお肌は守られている。

パックのおかげで、私の肌はプルプル。

 

といった、ように過信すると、そのパックに痛い目に遭わされます。

正しい知識を持って、パック使ってくださいね^^

f:id:diamant3737:20190411152446j:image